ホーム > 新着情報一覧 > お知らせ

ナゴヤ イノベーターズ ガレージ コンサート「MUSIC in the GARAGE! 」(9/27)報告〔中部圏イノベーション推進機構〕

(一社)中部圏イノベーション推進機構〔会長:豊田鐵郎 中経連会長〕は、9月27日(金)、愛知県立芸術大学(以下、愛知芸大)および宗次ホール協力のもと、ナゴヤ イノベーターズ ガレージ(以下、GARAGE)オープン後初の試みとして、クラシックコンサート「MUSIC in the GARAGE!  イノベーターたちへの閃きクラシック ~美しき弦楽四重奏の調べ~」を開催し、約70名が参加した。
愛知芸大出身の4名の若手演奏家が、弦楽四重奏によるクラシックの名曲から最近話題となったポップスのヒット曲まで幅広い曲目を演奏した。

GARAGEは、イノベーターの創造性を刺激する重要な要素であるアートが、常に身近に存在する空間としてデザインされている。若手アーティスト5名の作品を施設内に展示するなど、これまでにも愛知芸大の卒業生とのコラボレーションを積極的に進めてきた〔機関誌「中経連」8月号「Garage Nagoya Topics」を参照〕。 

オリジナルの絵画作品とともに、音楽の生演奏による目と耳からの刺激が心揺さぶるものを呼び起こし、イノベーティブな着想につながることを期待して、演奏者も普段とは異なる視点からの選曲を披露した。

普段の生活の中でも音楽を通じて閃きの瞬間を得られる、というメッセージを込めたマスネによる「タイスの瞑想曲」や、高く飛ぶ鳥のように視点を変える事のヒントとなる葉加瀬太郎の「エトピリカ」、音楽家でもあり化学者としても功績をあげたボロディンの「弦楽四重奏曲第2番」など、室内楽の穏やかなハーモニーがGARAGEに広がった。

コンサート後の交流会では、演奏の余韻やコンサートを通して得られた発見などを話題に、参加者は親睦を深めた。

NIG_Classic_0927.jpg

一覧へ戻る
新着情報