ホーム > 会合・イベント情報 > 道路の早期整備、アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区の推進等を要望(2019年7~8月)

道路の早期整備、アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区の推進等を要望(2019年7~8月)

中経連は、2019年7~8月、愛知県における国際競争力強化のための広域幹線網の整備推進、東海北陸自動車道・東海環状自動車道、西知多道路、名古屋環状2号線の整備促進、ならびに国際戦略総合特区「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」の推進について、関係自治体等と合同で要望活動を行った。


◆愛知県における国際競争力強化のための広域幹線網などの整備推進
7月25日(木)、栗原中経連常務理事が、大村愛知県知事らとともに、石井国土交通大臣、工藤国土交通大臣政務官をはじめ国土交通省幹部と面談し、愛知県内の道路および港湾、空港、リニア中央新幹線の整備や水防災対策の整備を要望した。


◆国際戦略総合特区「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」の推進
7月26日(金)、中経連は、大村愛知県知事らとともに、片山内閣府特命担当大臣(地方創生、規制改革、男女共同参画)と面談し、「国際戦略総合特区設備等投資促進税制」の延長とあわせ、宇宙関連事業を支援対象に加えること、対象設備の要件緩和により税制措置の対象範囲を拡大すること、「国際戦略総合特区支援利子補給金」について、国による重点的な予算措置を講じることについて要望した。片山大臣からは、「航空宇宙特区は他の特区と比べてよく使われている。税制の延長は必要であり、頑張って参りたい」との発言があった。


◆東海北陸自動車道・東海環状自動車道の整備促進
8月1日(木)、栗原中経連常務理事が、古田岐阜県知事、石井富山県知事らとともに、石井国土交通大臣をはじめ国土交通省および財務省幹部、野上内閣官房副長官と面談し、東海北陸自動車道の暫定2車線区間の早期4車線化整備、東海環状自動車道の西回り区間の早期全線開通を要望した。


◆西知多道路の整備促進
8月2日(金)、栗原中経連常務理事が、松井愛知県副知事、鈴木東海市長らとともに、牧野国土交通副大臣をはじめ国土交通省および財務省幹部と面談し、西知多道路の整備促進を要望した。


◆名古屋環状2号線の整備促進
8月9日(金)、栗原中経連常務理事が、堀場名古屋市副市長らとともに、工藤国土交通大臣政務官をはじめ国土交通省幹部と面談し、名古屋環状2号線の整備促進を要望した。


190725_.JPG

石井大臣に要望内容を説明する大村知事(7月25日)


190809_youbou.jpg

名古屋環状2号線の整備促進を要望(8月9日)

一覧へ戻る
会合・イベント情報